去年の流行水着は安いので狙い目?ワンショルダー水着とは

水着は着回さず毎年買うという人もいますが、流行が継続するというような場合には、去年の水着でも着回すことが可能でしょう。
ただ、去年の水着は古いものという認識になり、店頭や通販にも安い水着が増えてきます。
そのため、流行が継続した際には狙い目だともいえ、購入も視野に入ります。
そこで、2019年に流行した水着の種類について見てみましょう。
ここでは、ワンショルダーの水着についてご紹介します。

ワンショルダーとは?

ワンショルダーとは、いわゆるオフショルダー水着の1つに分類されます。
オフショルダーは、襟ぐりの部分が開いており、ショルダー(肩)が露出(オフ)しているような状態の洋服や水着のトップスを指しており、去年に流行していました。
このオフショルダーの中でワンショルダーの水着は、アシンメトリーデザインの流行を受けて生み出されたものです。
片側だけの肩を大きく露出するデザインということで、他の水着とは違った魅力を備えており、女性受けが良かったといわれています。
ですので、もし今年の流行にもワンショルダーがあるのであれば、安いものが見つかる可能性が高いです。
アシンメトリーデザインは人目を引くので、安い費用で目立ちたいという人にも購入する価値があるといえるでしょう。
肩幅が広い人には、錯覚効果で肩幅を細く見せてくれる体型カバーの効果もあるというので、そういったものを目当てにして、安いワンショルダーの水着から選んでみても良いかもしれません。

ワンショルダー水着の注意点

ただ、安いものから選ぶにしても、デメリットがあることには注意が必要です。
デザイン性が高く女性ウケが良いワンショルダー水着ですが、一方で男性ウケはそれほどよくはありません。
錯覚効果も手伝って、オシャレにそれほど興味がない男性からは「えっ、それどういう水着なの?」と首を傾げられることもあるといいます。
誰に見てもらいたいかを考えた時、それがオシャレにそれほど詳しくない男性だとすれば、その人に合わせたシンプルなデザインのほうが向いているといえそうです。

トレンドの安い水着をゲットしよう。その際の注意点とは?

水着に安いものを選ぶことによって得られるメリットは意外に多くあるものです。
トレンドの水着のデザインは毎年変わるので、それに合わせて購入するのに適しているというのもメリットの1つです。
安い水着ならそれほど資金的な負担にならないので、数回しか着ないような水着にそんなにお金をかけたくないという人にとってはおすすめです。
ただ、トレンドの安い水着を買う際、チェックしておくべき点がありますので、ご紹介します。

トレンドの水着の質については要チェック

トレンドの水着を安い費用で買いたいというとき、初歩的ですがその水着の質についてはしっかりチェックをしておくべきでしょう。
安いなら安いなりの理由があるものです。
安すぎれば当然、縫製技術が未熟な可能性もありますし、素材的に悪いものが使われているかもしれません。
もしそうであれば、見た目が悪かったり着心地が悪かったり、伸び縮みして戻らなかったり色落ちしたり、毛羽立って毛玉ができたりなど、問題が生じる可能性もあります。
昨今では水着を通販などから購入するケースも増えていますが、特にそういったところから水着を買う場合には、その通販サイトの口コミなどはしっかり見ておくべきだといえます。
あまりにも質が悪いチープな水着が届くようであれば、そういった口コミやレビューなどが見つかるはずです。
そういったものがないかをチェックしてから購入に進むのがおすすめです。
通販だと手に取ってから買うわけではないので、見た目がまったく商品写真と違う水着が届く場合もありますし、サイズ違いということもありますから、特に慎重に見ておくことが大切です。
安いものを買って銭を失うというようなことわざもありますから、トレンドの安い水着を買う際には、損にならないように気をつけたいところです。

水着が安いなら他にもアイテムを揃えよう。防水加工グッズの便利さ

水着としては安いものを選んでも問題はないといえます。
水着の質的に劣っているものであれば困りものですが、それ以外であれば安いに越したことはありません。
なぜなら、海やプールというのは何かと物入りだからです。
水着だけではなく、服や帽子やバッグ、UVケアの道具など、さまざまなものが必要です。
水着に安いものを選ぶことで、全体的に費用を回すこともできます。
ここでは水着が安ければ是非とも購入を検討したいアイテム、防水加工が施されているポーチやバッグなどについてご紹介します。

防水加工のしてあるポーチやバッグ

もしそのシーズン中、水着を着る回数が多くなるということであれば、防水加工のしてあるポーチやバッグなどがあると便利です。
濡れた水着やタオルなど、シャワー時に使うシャンプーなど、多くのものをしまっておくことができ、水漏れしないのでカバンやバッグの中に納めることもできます。
防水加工がされていないバッグやカバンだと、水が滴らないかが心配ですし、着替えや普段遣いのアイテムを入れたカバンと分けて2つ持ち歩くとなるとコーデも変わって不格好ですよね。
そこで、防水加工がされているポーチの1つもあれば、そこに水に濡れたものは全部納めることができ、他のものが水に濡れることがないのでカバンやバッグに入れて持ち歩くことができます。
防水加工のしてあるポーチなどは安い値段のものもありますから、水着と合わせて購入するのを検討しておくとよいでしょう。
水着に安いものを選ぶことによって、こういった便利なアイテムを購入できるようになりますので、検討してみましょう。
海やプールだけでなく、ナイトプールやフィットネスなど、さまざまな場所へ水着を持ち歩くのであれば、便利さを実感できるのではないでしょうか。

通販サイトなどで水着が安い。その理由とはいったい?

水着を通販サイトやオンラインショップなどで見てみると、随分安いと感じられることもあります。
クオリティ的にも市販のものと差異がないのに、それでも安いということもあるようです。
では、なぜ水着は通販で買うと安いということがあるのでしょうか。
ここでは、水着が通販サイトなどで安い理由について解説していきます。

水着が通販だと安い理由1.人件費

水着が通販だと値段的に安い、というのは、まず人件費の問題が挙げられます。
通販では、人員を削減して販売することが可能です。
通販ではメールでの対応が主で、基本的には電話で直接対応ということはあまりありません。
人前に出て接客するわけではないですから、ビジネスマナーも最低限で良いことになります。
発注やサイト運営、クレーム対応など色々業務は多岐にわたるものの、接客のためのスタッフは少なくとも要らないことになり、最低1人からでも開始することが可能といいます。
そういった人件費の削減が関わってくるため、通販サイトでは水着を安い値段で販売できることがあるようです。

水着が通販だと安い理由2.店舗の維持費

その通販サイトを運営している企業が実際にショップを持っている場合は話が別になりますが、店舗を持っていない通販サイトだと、店舗の維持費が必要ないというのもポイントです。
集客が見込めるような立地の場所となると、人気も高いのでその分テナントで入るにしても土地を買って店を構えるにしてもそれなりの費用になり、維持コストも大変なものになります。
定期的に店内の商品を入れ替えなければならないですし、季節に合わせた飾り付け、BGMの選定など、さまざまなことを行う必要がありますよね。
通販サイトのみの運営であれば、事務所は最悪自宅でもよいわけですし、商品を管理するにしても、スペースが必要なら安い倉庫を借りるだけで済むわけです。
そういった店舗の維持費がない場合には、水着を安い値段でも売れるということになるのですね。

水着を安い値段で買う方法。セールを狙うメリット・デメリットとは

トレンドの水着の中から、なるべく安いものをと考える人は多いものです。
水着は安いものがおすすめですが、あまりに安すぎても不安がありますし、トレンドも追いたいとなると新作の水着になるので、値段が少し上がるのは致し方ないことといえます。
ではできる限り安いときに買いたいのであれば、どのような方法があるでしょうか。
ここでは、安い水着を買う方法、セールやキャンペーンを狙うメリットやデメリットについてご紹介します。

セールやキャンペーンを狙うメリットやデメリット

基本的なことですが、セールやキャンペーンの時期を狙うのというのは大事です。
セールやキャンペーンでは何割かは確実に安くなっているので、新作の水着でも、より安い値段で水着を購入できます。
あらかじめ好みの水着を見つけておき、そのお店のセールやキャンペーンの情報をネットなどで仕入れるようにしましょう。
ただ、新作水着やトレンドの水着は人気ですので、不安な点がいくつかあります。
たとえば、セールやキャンペーンをする時期までに在庫が残っていない可能性が高いということです。
その時期まで待っても、商品自体がなければ買うことはできません。
他にも、売りつくしセールのようなシーズンの終わり近くにくるようなものだと、水着が安い値段になっていても、それほど着る機会がなくなってしまうおそれもあります。
つまり水着を夏にどうしても着たいと考えているのであれば、この手段はそれほど使えないおそれがあるのです。
新作水着やトレンドの水着ほど着られる時期が限られている可能性があり、せっかく購入しても来年の夏にはトレンドが過ぎていて着られないなんてこともありえます。
夏の終りまでにどうにか1~2回着られるような予定を作っておく必要があるといえるのです。
あるいは室内の温かいプールや水着で入れる温泉レジャー施設など、水着で楽しめる場所を探しておくなど、対策を考えておきましょう。

安い水着を買って浮いたお金はどう使う?たとえば医療脱毛はどう?

水着に安いものを選ぶのであれば、考えたいのがその浮いた費用をどこに回すかということです。
貯金して何かあった際に充てるというのも良いのですが、夏の思い出をより良いものにするためと考えたなら、たとえば脱毛なども考えておくと良いでしょう。
水着に安いものを買って浮いた費用を脱毛に充てるメリットについてご紹介します。

脱毛するメリットとは?

脱毛については、したいと考える人とそうでもないという人とで大きく分かれるでしょう。
そんなに毛深くないという人だと、日々のお手入れもそれほど煩雑でないため、必要性をそう感じていないかもしれません。
ですが、夏になって海やプールに出かけて水着になるということは、大きくお肌を人目に晒すことになります。
その時、処理のし忘れがあった場合、気づかなければ恥ずかしい思いをしてしまうのです。
気づいたとしても、カミソリなどの処理の道具を持っていなければ友人に借りるか一旦家に帰るか、海やプールを諦めなければならないというような事態も発生します。
そこで、気になる一部分だけでも脱毛をしておけば、いざ忘れたときのダメージはかなり軽減されるはずです。
また、脱毛によってカミソリによるキズや摩擦を受けることがなくなり、毛根の黒ずみもなくなってお肌もキレイになりますので、その点でもメリットはあるといえるでしょう。
日々のお手入れの時間もなくなり、時短にもつながるのです。

もし脱毛するのであれば医療脱毛がおすすめ

もし水着に安いものを選んだ結果浮いたお金で脱毛をと考えたのであれば、医療脱毛がおすすめです。
医療脱毛の中でも特に安いワキなどであれば、地域やクリニックにもよりますが5,000~10,000円程度で両ワキの脱毛をお願いできます。
確実性のある医療脱毛ですし、高い水着を買えば20,000円近いお値段します。
3000円程度の安い水着を買ったことで17,000円近い費用が浮いたと考えれば、充分に両ワキの医療脱毛を受けてもお釣りが来ます。
安い水着を購入した場合には、一度は検討してみましょう。

安い通販と違い、百貨店やショッピングセンターの水着はなぜ高いの?

水着は通販のような場所だと比較的安いですが、百貨店やショッピングセンターのようなお店だと高いというようなことが多いですよね。
同じような水着のはずなのに、なぜか値段が違います。
そんなときに気になるのが「どうして通販だと水着が安いの?お店で買うとなぜ水着が高いの?」という部分です。
水着がなぜ通販で安いのか、お店だとなぜ高いのか、という部分を解説してみます。
ここでは特に、百貨店やショッピングセンターで水着が高い理由についてご紹介します。

百貨店やショッピングセンターだとなぜ水着は高いのか

通販サイトだと似たような水着が安いのに、百貨店やショッピングセンターのようなお店だとなぜか高いということがあります。
その理由というのは、実はコストが理由として挙げられるのです。
たとえば百貨店やショッピングセンターようなお店がメーカーから水着を仕入れる際の仕入れ形態には、消化仕入や買取仕入などいくつかあります。
多くの百貨店やショッピングセンターで採用されているといわれる消化仕入は、メーカー側が在庫リスクなどを背負う代わりに、水着など商品値段の決定権を持っているのが特徴です。
この決定権を持っているのがどう良いのかというと、たとえば、リスク回避です。
もし水着が売れ残ってしまった場合には百貨店やショッピングセンター側から返品されることになります。
返品された水着は在庫としてメーカー側の負債になりますから、できれば避けたいものです。
また、百貨店などスペースを貸してくれているお店には、売上のいくらか(15%からそれ以上)をマージンとして支払うというコストも発生しています。
そこで考えられたのが、水着一点あたりの値段を上げるということです。
返品されて在庫という負債を抱えても、マージンを取られても、高い値段設定の水着が一定数売れていればそれで回収できるからです。
消費者の手が届かないほどに高すぎれば売れませんが、安すぎると質を疑われることもありますし、高ければむしろブランドイメージを上げられる可能性もあります。
そういったメリットとデメリットのバランスを取る中で、百貨店やショッピングセンターに置かれている水着は、高いものになってしまうのですね。
通販で置かれている安い水着と原価はそれほど変わらないものであっても高くなってしまうのはそういった部分が理由になってきます。
通販サイトなどで安い水着が置かれている理由というのは別ページにて掘り下げる予定ですので、そちらも良ければ読んで頂ければと思います。